2020.08.08

8/21 ブックトークイベント 国立夜読 第27回

202008_夜読まとめHP

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ブックガイド部とは】
ブックガイド部は「読書の文脈づくり」をテーマしています。
本は一冊、一冊独立して存在していますが、見えない所でつながっています。
それは人も同じ。
独立して存在するものが交わるときにあらたな文脈が生まれてくるはず。

過去の本と今の本
過去の人と今の人
過去のテーマと今のテーマを
ブックガイドという形でつなげていくことが
われわれの活動の目的です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎月一回、本を紹介してきた国立夜読ですが今回で3期目の最後になります。
国立本店の年間サイクルに合わせて8月を一区切りとし、2019年10月から2020年7月まで会を振り返ります。

今回は前回の参加者の要望もあって、オンラインイベントで開催です。
毎年8月はふりかえりとこれからの話をしてきました。
内容的にイベントの概要紹介の面もある会ですので、これまで参加したことのない人も覗きに来てもらえる嬉しいです。

これまで取り上げた本の中から、参加者が気になるところを簡単に振り返り、今後どんな本を取り上げていくかを話し合いたいます。

3期で取り上げたテーマは以下の通り。
2019年10月 大岡信『現代詩詩論/詩人の設計図』を中心に
2019年11月 テーマ:貨幣 今村仁司『貨幣とは何だろうか』を中心に
2019年12月 山口昌男『道化の民俗学』を中心に
2020年1月 見田宗介(宮沢賢治について)『宮沢賢治』を中心に
2020年2月 テーマ:メディアと記号 石田英敬・東浩紀『新記号論』を中心に
2020年7月 テーマ:書物 メアリアン・ウルフ『プルーストとイカ』を中心に

コロナで流れた回
2020年3月 鶴見和子
2020年4月 多田富雄
2020年5月 テーマ:民藝
2020年6月 宮本常一

後半には、来季に取り上げる人・テーマについて話す予定です。
来年は今年の人・テーマを残しつつ、また新しい領域に広げていきたいと思っています。
要望のある人はぜひアイディアを伝えに来て下さい。
お待ちしています。

これまでの振り返り会
2019

8/30 ブックトークイベント 国立夜読 第19回


2018

8/24 ブックトークイベント 国立夜読 第9回


【概要】
日 時:8/21(金)19:30-21:30
場 所:オンラインイベント(ZOOM)
(申込みがあった方に参加URLをお知らせします)
入場料:無料
内 容:本をめぐるお話
参加方法: 国立本店のWEBページ入力フォームから
(主催者のお友達の場合、直接メッセージをくれればURLを教えます)

  •  お申し込みは以下のフォームよりお願いします
    • お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      複数で参加される場合の人数

      連絡事項