2019.07.11

7/23 ブラック・ノイズ研究会 vol.1 = Funk / James Brownを聴こう!

ブラ研vol.1

【音楽について話してみたい人向けのイベントです】
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ブラックノイズ研究会(Black Noise Fanclub)とは】
HIP HOPを起点にしてアフリカ系アメリカ人の歴史に寄り添い、本を読むように音楽を読もう!という企画です。
多様なジャンルの音楽表現や歴史を飲み込み、サンプリングを繰り返すHIP HOP。ここでは、その創造性を「ブラックノイズ」と呼んでいます。具体的には、周辺ジャンルとどのようにクロスしているか焦点を当てることでその編集技法に注目します。以降のトピックは参加者の持ち寄りで決めていきます。お酒ありの自主ゼミのような雰囲気を予定しています。
大きな音は出せないですがモニターとスピーカーで素材を流しながらテーマについて話していくので初見の方も楽しめると思います。気軽にご参加ください。
第1回目は、nakanishiさんを中心にJames Brownのガイドをしていただき、彼らをサンプリングしたHIP HOPを聴いていきます。Check it!!
参加費:無料(飲食は持ち寄り)
場所    :国立本店
申込み:当日飛び入りOKですが、資料の都合上なるべくFB参加ボタン or DM or 下記フォームよりお知らせください。
※企画者はDJ初心者なのでいろいろ教えてくれる方大歓迎です!
今後の予定
●7/23(火)vol.1 ファンク/Funk(ジェイムズ・ブラウン&グランド・マスター・フラッシュ)
●7/30(火)vol.2 黒人文学/African American literature (コルソン・ホワイトヘッド『地下鉄道』&ケンドリック・ラマー『DAMN.』)*国立本店読書会とコラボ*
●8月 vol.3 ソウル/Soul(フィリーソウル&DJ Jazzy Jeff『THE MAGNIFICENT』)
●9月 vol.4 ブラックムービー/African American films(スパイク・リー&パブリック・エネミー)
●10月 vol.5 R&B/Rhythm & Blues(メアリー J・ブライジ & AUDIO TWO)
※イベントタイトルの「ブラックノイズ」は、ヒップホップをテーマにした学術研究書、トリーシャ・ローズ『ブラックノイズ』(1994)の引用です。本の中でラップ・ミュージックは「イデオロギー的、文化的、性的葛藤」を語る「多声的な言語」と位置付けられいます。
Share on FacebookTweet about this on Twitter
  •  お申し込みは以下のフォームよりお願いします
  • お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文