2017.07.04

ほんの団地「こわい本」と「積ん読の山」

17_0326SSBB&B_banner

ぞわぞわ、どきどき、ぶるぶる、ひやり

国立本店メンバーが、古今東西、自分の思う“こわい本”を集めました。

蒸し暑い真夏の日。どうぞ、ご自身のインスピレーションでお手にとってみてください。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

国立本店の大きな本棚「ほんの団地」では、7月の新企画「こわい本」が始まりました。
国立本店に置いている本は、基本的に「ほんとまち編集室」のメンバーが家から持ち寄ったもの。「こわい本」としたのは良いけれど、”怖い本”……ってなかなか出てきません。怖いものが嫌いな人は、わざわざ怖い本を家に置いておかないから。

各自絞り出すように選んできた珠玉の「こわい本」、ぜひ国立本店にお越しいただき、その目で確かめてみてください。ヴィジュアルも相まって、ほどよくヒンヤリすること請け合いです。

また、5月まで実施していた企画「積ん読の山」も、一部メンバーの本でアンコール復活。「ほんの団地」の最上段にずらり取り揃えました。相変わらず積まれたままの素敵な本たちもご覧ください。

IMG_6996

Share on FacebookTweet about this on Twitter